石油王's ダイアリー

石油王'sダイアリー

ほぼ石油王な男たち四人が、お役立ち情報やおすすめ商品をお伝えする庶民的ブログ

桜前線接近中!『春のオススメ2色コーディネート』を力説します。

スポンサーリンク

もう春です。

新たな出会い達が僕らを待っています。
本日は、そんな春にぴったりのコーナーです。

素人が教える!
ちょっとオシャレに見える!
春のオススメ2色コーディネート
をランキング形式で提案していきます。
 
紹介の前に
皆さんが、この記事に対して思っているであろう意見や質問に答えてから紹介していきたいと思います。
 
 
Qこの記事を書いているジャスティスさんはファッション素人と言う事なのですが、そんな人の意見を参考にすると思っているんですか?なめてるんですか?   
  
普段のあなたのファッションを評価するのはカメラマンでもなく、スタイリストでもありません。あなたの服装を1番多く見るのは、通行人、周りのお友達、あなたがよく行くコンビニの店員辺りでしょう。もしその中にちょっとオシャレに厳しい人がいたとしても、所詮は素人達が大半です。そう言った素人達の評価基準には、素人の感性が1番効果的なのです。


Q僕は普段からファッション雑誌を読んでいるので、今更この記事から学ぶ事はないと思います。このまま読み進めて意味あります? 
                                
うーん。ないです。もし時間があるのであれば、素人の戯言ぐらいの気持ちで読んで頂けるとありがたいです。ただ、あなたが読んでるファッション雑誌がオシャレすぎる場合は気をつけてください。一般人の感性を超越したセンスや、高級ブランド=オシャレの概念があなたを支配している可能性があります。
Q今回紹介してくれるのは、服の色の組み合わせだけなのですか?こういうシャツがいいとか、パーカーとパーカーを重ね着するのが流行りとか、そういうテクニック的なアドバイスはないのですか?

今回は色の組み合わせのみです。それだけで充分です。世の中のファッション素人達は『何色の服を着ているか』ぐらいしか見ていません。安心してください。そもそも今回、僕達が目指すのは、素人から見てちょっとオシャレに見える程度の服装です。

2色コーディネートの重要性

  1. どんなにかっこいい服や流行りの重ね着をしても素人には伝わらない。
  2. 遠くで見ている人にもオシャレ感が伝わるのは色という要素のみである。
  3. そんなにたくさん服を持っていない(買えない)人でも気軽に挑戦できる。
  4. 色の組み合わせの良し悪しは流行りではなく、基礎を押さえれば毎年の武器と言っても過言ではない。
  5. 細かくて伝わりづらい奥深いオシャレよりも、色の組み合わせは単純ではあるが、オシャレと思ってもらえる可能性が高まる。  

春にオススメ!2色コーディネートランキング

f:id:yyjt:20160307230457j:image
今回のノミネートは上記の11色(121通りの組み合わせ)です。

それでは第3位から発表します。


第3位
f:id:yyjt:20160308221614p:image          
 f:id:yyjt:20160308221655p:image
 ⭐︎『春の爽やかな風の発生源はあなたですか?』と言われるぐらいの軽快な2色コーディネート。
通称『爽やかBOY ON THE 桜前線』



続いて第2位の発表です。


第2位

f:id:yyjt:20160308223021p:image

f:id:yyjt:20160308223045p:image

⭐︎『初めて人にオーラがあることを知りました』と言われかねない主張派2色コーディネート。

通称『春の和製ブラピ。』


いよいよ栄光の第1位です。

第1位

f:id:yyjt:20160308224102p:image

f:id:yyjt:20160308223045p:image

⭐︎『春の訪れを教えてくれてありがとう』と感謝されること間違いない王道の2色コーディネート。

通称『土混じりの桜坂』


ランキングのまとめ

  • 第1位 『土混じりの桜坂』ブラウン✖️ピンク
  • 第2位 『春の和製ブラピ』 ブラック✖️ピンク
  • 第3位 『爽やかBOY ON THE 桜前線』 グレー✖️ピンク

第1位〜第3位までの共通点


皆さんも既にお気付きかと思いますが、今回のランキング上位のいずれにも登場していたのは。
f:id:yyjt:20160309223146p:image
です。

ピンク色をオススメする理由

  1. 『女子が着る服の色』という先入観のおかげで、男子が着ている時点で『コイツ、オシャレやん』ってなる。
  2. グレー、ブラック、ブラウンという男子が着る率が高い色の服に、相性が抜群。
  3. アウター、ジャケット、パンツなどの服装のメインとなるアイテムにはピンクの商品が少なく、必然的にTシャツやシャツなどのインナーとして着用することにより、意外と簡単に着こなせる。
  4. 春=桜=ピンクの方程式で、ピンクを取り入れると、春を意識してる着こなしとして見られる。
  5. 男子にはあんまり人気のない色なので、売れ残りセールなどで安く買える。

結論

春を意識して、ちょっとオシャレに見せたい人は、
『売れ残りセールで安くなっているピンク色の服を買い、無難なカラー(グレー、ブラック、ブラウン、ネイビーも可)の服に合わせろ!』
ということです。

ジャスティス。

広告を非表示にする