石油王's ダイアリー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石油王'sダイアリー

ほぼ石油王な男たち四人が、お役立ち情報やおすすめ商品をお伝えする庶民的ブログ

ビジネスマン必見!必ず言ってみたい『7つのフレーズ』!!

スポンサーリンク

今日は

ビジネスで成功して一度は言ってみたい7つのフレーズと単語
を対談形式で紹介していきます。
 

シュチュエーション

30歳の若さで、ベンチャー企業を立ち上げ、勢いに乗っているジャスティスに『月刊カリスマビジネス』から取材のオファーが来て、対談形式の取材。ジャスティスの発言に注目しながら読んでみてください。
 
 

対談スタート

記者 お忙しいところありがとうございます。
 
ジャスティス(以下ジャ)
いえいえ、ちょうど昨日シリコンバレーから帰ってきたばかりだったのでちょうどよかったですよ。
 
記者 そうだったんですね。お疲れだとは思いますが、本日はよろしくお願いします。
 
ジャ 大丈夫ですよ!今朝はアサイーのスムージーを飲んできたので、疲れも吹っ飛びました!
こちらこそよろしくお願いしますね!
 
記者 早速ですが、今回の記事のテーマ が『日本の若武者、五穀米で海外市場に殴り込み 』
なのですが、ジャスティスさんは、今日本の若武者と呼ばれていますが、その辺はどうお考えですか?
 
ジャ 日本の若武者ですかー。ははっ。決して悪い気はしないですね。
僕自身『MADE IN JAPAN』という誇りを、常に持っていますからね。
 
記者 さすがですね。そんなジャスティスさんですが、いつ頃からこの『五穀米』に着目されていたのですか?
 
ジャ うーん。難しい質問ですね。
強いて言うのであれば、1年前に見た『3分クッキング』ですかね。今考えれば、あの日が僕のターニングポイントと言っても過言ではありません。
 
記者 そう考えると、1年という短い歳月でここまでの成功を収めた事になるのですが、その過程には苦労もあったのではないですか?
 
ジャ そうですね。『五穀米』よりも凄い『六穀米』の存在を知った時は、さすがにヒヤヒヤしました。
さらに、『十穀米』が出てきた時には、絶望すら感じていました。
 
記者 そんなピンチを乗り越えた今、会社も安定感ある業績が続いていますね!
 
ジャ いや、一番怖いのはこの状況に慣れてしまうということなんですよね。僕はもう、ネクストステージ(nextStage)しか見てませんよ。
 
記者 さすがですね。今後のテーマなんかはもうお決まりなんですか?
 
ジャ 今後は、『おにぎりタイプの五穀米』展開を考えています。まだ、あまり詳しくは語れませんが、イノベーションは必須になってくると思うので。
 
記者 なるほどー。今回は貴重なお時間をありがとうございました。
 
ジャ いえいえ。また明日からシリコンバレーへ向かうので、ナイスタイミングでした。
ありがとうございました。
 

ビジネスで成功して言ってみたい7つのフレーズと単語のまとめ

 
  1. シリコンバレー
  2. アサイのスムージー
  3. MADE IN JAPANという誇り
  4. あの日が僕のターニングポイント
  5. 僕はもうネクストステージしか見ていませんよ
  6. イノベーションは必須になってくる
  7. また明日からシリコンバレー
 
ジャスティス。
広告を非表示にする